可愛いスカートがはきたい!むくみを解消する方法がコレ

311de72be6891eb34131dde51393de76_s

夕方になると足がむくんできて、会社から帰ろうとすると
靴がきつくて入りづらいということはありませんか?

長時間の立ち仕事やデスクワークは足のむくみを促進してしまいます。
足はなぜむくむのでしょうか。

むくみは、老廃物が静脈やリンパにスムーズに流れずに
水分が溜まっている状態です。

長時間の立ち仕事やデスクワークは常に足が下にあります。
この状態を続けると、重力で足に塩分や水分がにたまりやすくなるのです。
それがむくみの原因になっています。

また、運動不足でも足のむくみが生じることがあります。
運動不足になるとふくらはぎの筋力が落ちてきます。

ふくらはぎは健康と密接に関係がある部分です。
ふくらはぎを揉むだけダイエットなども最近話題になっていますね。

そこのポンプ機能が低下すると余分な水分を心臓へ送り戻せなくなってしまいます。
そうすると、余分な水分が足にたまることになってしまうのです。

塩分の摂り過ぎも足をむくませてしまいます。塩分を多く摂ると、
余分な水分を体の外へ排出できなくなり、足がむくんでしまうのです。

これらの原因を踏まえて、どうすれば足のむくみは解消するのでしょうか。

まずはリンパマッサージです。リンパの流れをよくすることで、
不要な老廃物を体外へ排出しやすくすることができるのです。

リンパマッサージは足の裏から始めます。足の裏をよくもみほぐします。
これだけでも気持ちがいいと感じるはずです。
そして、ふくらはぎを下から上へ少し強めになでるように行います。

そして、太もも部分は指の第2関節を使って、強めに下から上へ持っていきます。
そして、最後は鼠径部の太いリンパに老廃物を流してあげるイメージで、
その部分までマッサージします。これを毎日行うことで足のむくみがすっきりしてきます。

モデルさんも足のマッサージは欠かさず行っている方が多いそうです。
普通にしているとどうしても重力の関係で水分や老廃物が下のほうへたまってしまいます。

それを改善するためには毎日の小まめなリンパマッサージが必要です。
また、夜に足を少し高くして寝ることもおすすめです。

高さ的には10センチぐらいがちょうどいいとされています。
立っていると足は下にあるので血液が循環しにくくなります。

そのため、足だけが冷たくなったりするのです。
寝ている時に足を10センチほど上げるだけで、心臓と足が同じ高さになります。

そうすることで、血液が足の先までちゃんと行き渡ることができるのです。
マッサージを毎日するのはちょっと面倒くさいという方は、
夜寝ている間だけでも足を高くして寝ることをおすすめします。

次の日、足が楽になっているのを感じることができるはずです。
また、血液を足先まで持っていくということでは、貧乏ゆすりもおすすめです。

ちょっと行儀が悪いかなと思われるかもしれませんが、足をブルブル動かすと
血液が足先まで循環するのです。

これは飛行機などでのエコノミー症候群予防でもよく言われていますね。
足のむくみを解消する方法をご紹介いたしました。

むくみの原因を知って、その日のむくみはその日のうちにとってしまいましょう。